読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webエンジニアの備忘録

およそ自己の作業メモとして残しております。

Vagrant上でNginx+Unicornサーバー設定

rails serverコマンドでアプリケーションサーバーを立ち上げるのも手間になってきたので、Unicornを入れてみました。 こちらは前回記事の続きの作業になります。

tak-taniguchi.hatenablog.com

Unicornをインストール

  • 以下、Vagrant内での作業になります。
  • Gemインストールをおこなう
gem install unicorn
  • bundle installをおこなう
$ cd /vagrant/myapp  # プロジェクトディレクトリ
$ vi Gemfile
gem 'unicorn' # 書き足す

$ bundle install
  • unicorn.rbコンフィグの作成
$ vi /vagrant/myapp/config/unicorn.rb # 以下のような内容で新規作成する
rails_root = File.expand_path('../../', __FILE__)
rails_env = ENV['RAILS_ENV'] || "development"

worker_processes 2
working_directory rails_root

listen "/tmp/#{rails_env}_unicorn.sock"
pid "/tmp/#{rails_env}_unicorn.pid"

stderr_path "#{rails_root}/log/#{rails_env}_unicorn_error.log"
stdout_path "#{rails_root}/log/#{rails_env}_unicorn.log"
  • Nginx側設定
  • conf作成
    • 以下の{RAILS_ROOT}はプロジェクトルート、{LOG_PATH}はnginxがログを残すパスを指定。
    • 指定ドメインはローカルなので、globalに存在しないドメインがよいです。
$ vi /etc/nginx/site_avabable/virtualhost-myapp.conf  # nginx.confでincludeされる
upstream unicorn {
  server unix:/tmp/development_unicorn.sock;
}

server {
  listen 80;
  server_name {指定ドメイン};
  root {RAILS_ROOT}/public;

  access_log {LOG_PATH}/access.log;
  error_log {LOG_PATH}/error.log;

  client_max_body_size 100m;
  error_page 500 502 503 504 /500.html;
  try_files $uri/index.html $uri @unicorn;

  location @unicorn {
    proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
    proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
    proxy_set_header Host $http_host;
    proxy_pass http://unicorn;
  }
}

$ ln -s /etc/nginx/site_avabable/virtualhost-myapp.conf /etc/nginx/site_enable/virtualhost-myapp.conf
$ sudo service nginx restart
  • Uniornを起動
$ bundle exec unicorn -D -c config/unicorn.rb -E development
  • ローカルPCのhosts修正
    • この時点でhttp://{指定ドメイン}/が閲覧可能になる。
    • 以下、ローカルPC(Mac)での作業になります。
$ sudo vi /etc/hosts
# VagrantIPアドレスと指定ドメインをスペースで区切り記載
# グローバルに存在するドメインを記載すると、アクセスがVagrantに向いてしまうので注意!
192.168.33.101  {指定ドメイン}

コンフィグ等はこちらの記事にあったものを少し書き換えました。 - Rails4.2 を Nginx + Unicorn で動作させる - Shred IT!!!! - rails + nginx + unicorn連携 - Qiita

動作確認方法

  • Unicornプロセス
    • 以下のコマンドでmaster及びworkerプロセスが確認できる。masterをkillでUnicornを終了できる。
$ ps aux|grep unicorn
  • Unicornで動いているか
    • デフォルトのままであればプロジェクト下のlog/development.logにアクセスログが落ちる。

developmentなんで開発系までですが、ざっくり動作しました。