読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webエンジニアの備忘録

およそ自己の作業メモとして残しております。

cocos2dxで本格的に開発を始める

何度もアプリ開発で挫折しましたが、今回はお仕事です。

ちゃんとやってみようかな…

 

今回はcocos2dxにてC++開発という要件があるので、それにちなんだセットアップまでおこないました。

必要なもの

  • cocos2dx本体


Cocos2d-x: World’s #1 Open Source Game Development Platform

  • ダウンロードしたファイルを適当なところに配置する。
  • インストール方法がディレクトリ直下の「Readme.md」に書いてある。
Example:
$ cd cocos2d-x
$ ./setup.py
$ source FILE_TO_SAVE_SYSTEM_VARIABLE
$ cocos new MyGame -p com.your_company.mygame -l cpp -d NEW_PROJECTS_DIR
$ cd NEW_PROJECTS_DIR/MyGame

↑だいたいReadmeを読むと必要なコマンドとか書いてある。

バージョンによって操作が微妙に異なるので、こちらを読むようにしたほうがいいな、と実感。

 

基本的な開発進行は

  • コマンドラインで新規cocosプロジェクトを作成する。
  • 内包されているxcodeprojectをひらき、xcodeで開発する。(無料でIDEが使えるので手っ取り早い)
  • コマンド、もしくはIDEでビルドして動作確認。
  • AppStoreなどでリリース・販売。

cocosやるなら両対応でしょ、ということでAndroidデバッグツールも用意しておく。

必要なもの

  • AndroidSDK
  • AndroidNDK
  • ApacheANT

まさに学習中なので、ノウハウができてきたらまた書きます。