読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webエンジニアの備忘録

およそ自己の作業メモとして残しております。

debianにnodejs、npm、gruntをインストールする

必要なファイル

sudo apt-get update
sudo apt-get install build-essential curl git libssl-dev

バージョン管理ツールを使って入れるのが吉

どうもJS全般でバージョン差異による挙動変化が多く、開発環境下でもそれを変えながら作業する文化があるようだ。
nodejsについてもnvmとnaveと、全く同じ用途のライブラリがある。
ネットで検索しても言っていることはまちまちで、どちらを使ってもいいと思う。
環境によっても違うので、すんなり入りそうな方を自分で選ぶ。

~$ git clone git://github.com/creationix/nvm.git ~/.nvm
~$ source ~/.nvm/nvm.sh

これでnodeをバージョン管理するためのnvmがOK。

~$ nvm install latest
Warning: Failed to create the file 
Warning: /home/ttaniguchi/.nvm/bin/node-N/A-linux-x64/node-N/A-linux-x64.tar.gz
Warning: : No such file or directory
######################################################################## 100.0%
curl: (23) Failed writing body (0 != 162)
Binary download failed, trying source.
Additional options while compiling: 
nvm: install N/A failed!

latest(最新取ってきて)は若干挙動がおかしいときがある。

~$ nvm install 0.10
######################################################################## 100.0%
Now using node v0.10.24
~$ node -v
v0.10.24
~$ nvm list

  v0.10.24
current:    v0.10.24

~$ node -v
v0.10.24
~$ npm -v
1.3.21

やはりこちらが無難でした。
ここまでくれば、Macのときと同じ。

npm install -g grunt-cli

プロジェクト側は先日書いた記事のURL貼っておきます。
http://tak-taniguchi.hatenablog.com/entry/2013/12/21/162543

 

追記

~$ source ~/.nvm/nvm.sh

こちらのシェルはサーバープロセス毎に起動が必要なので、bashなどに記載しておく感じです。